生産情報公表JAS規格とは、消費者の安心と信頼を確保するため、
食品の生産情報を生産者が正確に記録・保管・公表し、
消費者がその製品を買い求める際にその生産情報を確認できる
食品の基準です。

  • JASマークの貼り付けするためには、
    国が定めた生産情報公表牛肉のJAS規格に
    合格しなければなりません。
    また認定された後でも定期的な調査や農林水産省による立ち入り検査調査も行われます。
  • JASマークのついている牛肉は、
    生産情報-「どんな種類の牛で、誰が、どこで、
    どんな飼料を使って、どのように育てか」などを
    消費者が自分の目で確認することができて
    安心して食べることができます。
    生産情報は店頭での表示やインターネットを
    通じて入手することができます。
  • 小林牧場の牛の生産情報
    ⇒こちらで見ることができます。

リーファース
生産情報公表
JASの登録認定
機関名です

1頭1頭の情報を管理するため、
牛たちの耳たぶには、
名札の代わりをする番号
(個体識別番号)がついた
「耳表」がつけられています。

個体識別番号を入力して生産履歴情報を検索すると、次のような生産履歴書が表示されます。 見本へ⇒

生産情報公表JAS規格-『生産情報』で、こんなことがわかります。
どういう牛なの?

誰が生産したの?

どこで生産したの?

どのように生産したの?
個体識別番号、出生年月日、
 牛の種別、性別 など
・管理者の名称及び所在地
・異動履歴
・飼養施設の名称及び所在地
・給餌飼料、投薬情報
・とさつ年月日
・と畜者の名称及び所在地

生産情報JAS規格について、下記より詳しくご覧になれます。